From The Saturn Hotel

アクセスカウンタ

zoom RSS 鈴木祥子 @ 鎌倉長谷別邸

<<   作成日時 : 2016/10/02 23:36   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像Date 2016.10.02 15:30〜17:30
with Haruka

鎌倉の長谷別邸で行なわれた”鈴木祥子 定期演奏会『No Microphone, Please.』 第2回 「外で歌おう」”(ああ、タイトル長い!)の夕方の部に行って来た。

実は、前日、京都に出かけていたので、この日は、午前中の新幹線で新横浜へ帰り、そのまま、鎌倉へ移動。さながら、「二都物語」となった。

長谷は、かつて高校時代の同級生の家があり、学校帰りによく江ノ電を途中下車して道草した界隈だが、鎌倉駅から乗ってこの駅に下りるのは本当に久しぶりで、とても懐かしい気分になった。

駅を出ると、途中の「井戸端コーヒー」で、一緒にきた娘と美味しいコーヒーを一杯いただいてから、長谷別邸へ向かう。

画像長谷別邸は、初めて訪れたが、大仏へ向かう賑やかな通りを左に入った奥、三方を緑に囲まれた典型的な鎌倉の谷戸の中に佇む木造2階建ての家屋だった。
隣にはあの長谷幼稚園がある。

建築は昭和50年代と比較的新しいが、門構えや室内は品のある和風デザインである。

トイレを借りに建屋の中に入ると、一緒に来た娘が、いきなり、「二階堂のジジの家の匂いと同じだ」とおかしなことを言う。まったくヘンな臭覚を持っているが、鎌倉の谷戸にある家屋独特の、湿気によるある種のかび臭さが同じなのかもしれない。
だだ、すでに臭覚が低下しているオヤジには、よくわからない(笑)。

画像さて、屋外・ノンマイクのライヴといえば、僕は、このところ毎年由比ガ浜海浜公園で行なわれている「鎌倉プチロックフェス」を思い浮かべる。

そのフェスの陽光と風の中で聴く歌と演奏は、音量の弱さを補って余りあるほど気持ちがいいもので、昨今の音楽になくなってしまった何かを思い出させるのだ。

で、今回の演奏会。
屋外で、音の吸い込まれ具合がどうかなと思っていたのだが、実際始まってみると、閑静な庭の中、祥子さんの伸びやかな声がしっかりと、お客さんに届き、心地よく楽しい空間が生まれていたように思う。
そして、彼女の声に呼応した小鳥のさえずりなど、この日ならではの天然SEも素敵だった。

当たり前のことだが、ノンマイクと言えども、この日の祥子さんの歌と演奏は、1月に行なわれた松本記念音楽迎賓館の音響設計された部屋とはまるで違うところが面白い。

使用楽器は、黒色のウーリッツア−と新たに購入したという12弦ギター。そして、.本編ラストの「GOOD OLD DUSTY ROAD」では、kazooという口に咥えながら声を発して演奏する玩具のようなラッパが使われた。

12弦を弾き、歌いながら登場したオープニングナムバー。そして、彼女独特のカヴァーセンス炸裂の”サンデー・ソング3連発”。(それにしても田中星児から「ゴナ・テイク・ア・ミラクル」までとは、相変わらずクラクラする)

その雰囲気が、そのままこの日の演奏会を象徴していたが、オリジナルも明るくアッパーな曲が多く選曲された。

その中では、前回の音響スタジオで、”シャバダバになってしまった”という「マイ・スウィート・サレンダー」。
wurlitzerでしっかりと”ロックンロール”して、リヴェンジしてみせたショコタンの負けん気に、「参りました」

そして、”僕の隣の誰かさん”の「12弦で」というわがままなリクエストに応えてくれた「光の駅」。
この曲のイントロはいつ聴いてもカッコイイが、客席の真ん中でしっかりと弦をストロークする彼女の勇姿もかっこよかったし、ショコヘッヅ達のコーラスも最高だった。

ラストはカーリーサイモンの「Never Been Gone」。
たしか僕は初めて聴くカヴァーだと思う。
なんとなく賛美歌っぽいこの曲を最後に歌ったのは、年内には転居する予定というご本人の心情ゆえか。

これが鎌倉で聴く最後のライヴ、いや演奏会となるのかもしれない。


01.青空のように (大滝詠一/12strings ac.guitar)
02.ビューティフル・サンデー (DannielBoone/田中星児/12strings ac.gtr.)
03.すてきなサンデー (Buster/wurlitzer)
04.アイ・メット・ヒム・オン・サンデー (Shirells/Laura Nyro/ア・カペラ)
05.水の冠 (以下wurlitzer)
06.ぼくたちの旅
07.北鎌倉駅
08.花束
09.マイ・スウィート・サレンダー
10.ベイビーイッツユー (12strings ac.gtr)
11.Get back (wurlitzer)
12.GOOD OLD DUSTY ROAD (kazoo, wurlitzer)

encore

01.風待ちジェット (坂本真綾・提供曲/以下wurlitzer)
02.ときめきは涙に負けない (リクエスト)
03.光の駅 (12strings ac.gtr./リクエスト)
04.TRUE ROMANCE (ア・カペラ)
05.Never been gone (カーリー・サイモン/wurlitzer)

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鈴木祥子 @ 鎌倉長谷別邸 From The Saturn Hotel/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる