From The Saturn Hotel

アクセスカウンタ

zoom RSS 鈴木祥子レコーディング・ライヴ @ 音響ハウス第一スタジオ

<<   作成日時 : 2016/07/02 23:51   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像Date 2016.07.02 15:30〜17:00
with Haruka

『しょうことスタインウェイの夕べ〜D-Durは復活の調べ〜』と題され、東銀座の音響ハウス第一スタジオで行なわれた鈴木祥子さんのライヴに行って来た。

D-Dur、つまりニ長調のオリジナル曲ばかりを集め、名器スタインウェイの弾き語りでスタジオ録音。その模様を公開ライヴするというもの。

マニアックな嗜好、ここに極まれリという感じだが、レコーディング・スタジオやレコーディング行為への興味はもちろん、収録音源をCD-Rにしてお持ち帰りというサービスにも惹かれてしまい、娘と参加。
ヘッヅの悲しい性か。

画像スタジオライヴといえば、以前、ヴィデオ撮影現場をヘッヅに公開してくれた東京ローカル・ホンクを品川の湾岸音響スタジオで見たことがある。

その時はOKテイクが形作られていく過程が興味深かったが、今回のしょこたんは、レコーディングスタジオでの一発録りの緊張感を味わいながら、スタインウェイの響きと彼女の生声を眼前で楽しむことができた。

数曲で補強スピーカーを使用していたが、レコーディングなので、スタジオ内のお客さんは、基本的にはノンマイクの歌を聴くことになり、トーンを落とした時の歌声は消え入るような音量となる場面も。

しかし、ライヴ終了後にいただいたCD-Rを聴いてみると、バランスよくクリアーに録れており、うーんこれがレコーディングかあ、と感心。

事前に収録予定曲が公開されていたが、本番は若干曲数を減らし、約70分程度の収録。

個人的には、「モノクロームの夏」のチョイスがうれしかったが、ピアノのアレンジと歌のマッチングに感心したのは、「区役所にいこう」と、「だまって笑ってそばにいる女」〜「LOVE IDENTIFIED」。

特に後者2曲は、ピアノ弾き語りのイメージができなかったのだが、「だまって」の流麗なアルペジオや、石橋英子か!というような「LOVE」の反復音を多用したアレンジはさすがだった。

画像ぜひスタインウェイで聴きたかった「いつかまた逢う日まで」が聴けなかったのと、ラストに歌った「GOIN' HOME」が収録されなかったのは、ちょっと残念だったかも。

しかし、CD-Rへのダウンロード待ち時間には、しょこたんが登場し、リクエストに応えて、TPOにマッチした「夏のまぼろし」と、ピアノでは初めてやるという「my Sweet Surrender」を歌ってくれた。

さらに2度目の登場では、”練習を重ねた”(笑)という「トルコ行進曲」、そして最後は再度のリクエストで季節にマッチした「海辺とラジオ」。
リフレインをアカペラで歌い踊りながら退場するというサービスで待ち時間を短縮してくれた。

そして、ジャック・ブレルが流れる中、CD-Rをいただいて、スタジオを後にしたのはちょうど18時。

画像正月、そして今回と、「出来るかぎり良い環境で、(今の私を)聴いてくれる人に向けたライヴ」。

僕はもう今はこんな形で続けるのがいいのかななんて思いながら、結構ハマっている。

一緒に行った娘は、ちょっと無理のあった「my Sweet Surrender」を聴いて、「やっぱりそろそろ”ロックなしょこたん”が聴きたい」と一言。

ニュー・レコーディングが進んでいるようだが、さて、どうなんでしょう。

01. VIRIDIAN
02. ひとりぼっちのコーラス
03. Love Child
04. Goodbye,my friend
05. プリヴェ
06. 区役所に行こう
07. 5 years,/AND Then...
08. 最後のファーストキッス
09. モノクロームの夏
10. だまって笑ってそばにいる女
11. LOVE/IDENTIFIED
12. 日記
13. Silent Dream
14. どこにもかえらない〜Sukiyaki〜どこにもかえらない

(以上ライヴ・レコーディング)

15. GOIN' HOME
16. G.immie some Life

En1. 夏のまぼろし
En2. my Sweet Surrender

En3. トルコ行進曲
En4. 海辺とラジオ

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鈴木祥子レコーディング・ライヴ @ 音響ハウス第一スタジオ From The Saturn Hotel/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる